婚活応援サイト 『THOUGHTSOFTAO』

婚活応援サイト 『THOUGHTSOFTAO』

婚活サイトで必ず良いステキな異性をゲットするための法則をレクチャーして行きます!

婚活を利用する

婚活を利用して、利用者から人気のある女性と仲良くなりたいと思っている方は非常に多いものでしょう。

いつも人気があってチャットルームは満杯状態だし、常連さんなどと仲良くしているから付け入る隙がまったくないなんて思いを抱いている方も少なくないでしょう。

このような場合、一番前提に考えて欲しいことは、いくら人気がある女性でも、あくまでも婚活の中だけの話であり、相手は芸能人でもタレントさんでもないということです。

すなわち一般人であり、素人であるということ。

この時点で随分と付け入る隙があるということなのです。

確かに副業と割りきって、お金を稼ぎだすための手段だと考えて婚活を行っている女性も沢山に存在します。

しかしながら、プロではなく一般人であることの方が多いんですね。

こうしたことを考えた時、相手の生活パターンやログインのタイミングがある程度に存在しているということです。

このタイミングを図り、アプローチを掛けることこそ、こういった人気のある女性と仲良くなるための第一歩なのです。

相手が動いている時間や積極的になっているタイミングこそが、付け入る隙になるわけですから、そのタイミングに合わせることが大事なのです。

最初のアクションが重要

初頭効果という言葉を知っているでしょうか。

心理学の知識になるのですが、こういったものを知っていることによって、相手が抱く印象というものをコントロールすることが可能になるのです。

最初の頭ですから、最初のアクションが重要になるということです。

つまりは第一印象と言い換えてもいいでしょう。

人間は最初の言葉やアクションにインパクトを感じることから、最初に悪印象を抱かれてしまうと、警戒心を持たれたり、不快感を感じることが多くなり、その印象を覆すにはある程度の時間と労力が必要になってくるということです。

ですからライブ婚活を使い、婚活レディーとすぐに仲良くなりたい場合には、最低限でも最初の婚活中は、良い印象を残すようなインパクトを残しましょう。

そのために重要なのは、プロフィールです。

プロフィールに短所を書く方はあまりいないと思いますが、逆に長所と受け取れるものばかりだと胡散臭いですよね。

長所と短所を記述するのがベターなのですが、初頭効果は文字の順番でも影響があります。

つまりは長所を最初に伝え、短所を後に伝えることによって、最初の良い部分がフィーチャーされ、後の悪い部分の印象が薄くなるという効果があるのです。

直接会って告白をするアクション

直接会って告白をするなんてアクションが、現代ではまったく行われなくなってきている昨今ですから、婚活で恋愛相手を探すという方も少なくないでしょう。

婚活レディーは仕事で婚活をしているのだから、夢を見るだけ無駄というような考えを持っている方もいらっしゃいますが、実際に出会いの場として利用をしている女性も多いものなのです。

こういった場合、こちらの顔が見えないということは、精神的にアドバンテージを持つことになるわけですから、見えないことを良いことに、最初のうちから好きだということを伝えてあげるようにしましょう。

もちろんこれによって、実際に付きあおうなんていうような目的はありません。

あくまでも好意を示すためのものですから、気軽な気持ちで行いましょう。

好意を伝えるということをすれば、相手は勝手にあなたのことを意識してくれるようになります。

一人の婚活レディーに対して、不特定多数の男性がコミュニケーションを取ったり、もしくは覗いているというような状況が一般的ですから、大勢の中の一人として埋もれてしまわないように、最初に衝撃を与えておき、あなたを意識させるということが何よりも一番の攻略方法なのです。

ある程度のコミュニケーション能力は必要

婚活では、コミュニケーション能力が全てと言っても過言ではないでしょう。

相手は姿をみせ、声なども聞こえる状況ですが、こちらの映像や音声はオプション機能を使わなければなりません。

メールでは考える時間というものが存在していますが、婚活の場合にはリアルタイムでの時間足になりますから、ある程度にコミュニケーション能力は必要とされるのです。

そこで絶対にしてはいけないような婚活上の注意があります。

受け入れてくれる婚活レディーもいますが、一般的には引かれてしまうとされる婚活上の注意ですね。

例えば、気持ち悪い語尾を使った婚活です。

○○でゴザルとか○○ナリなんて語尾や、他にもネットで流行しているような語尾は引かれてしまう可能性が高いため注意をするようにしましょう。

他にも気をつけて欲しいのは、相手のテンションです。

こちらがテンションが高いからといって、ガンガンにハイテンションでコミュニケーションを掛けるのはあまり良くありません。

ただ引かれてしまうだけですね。

テンションを合わせてあげて、盛り上げてあげ、元気にしてあげるといったような気配りが重要になるのです。

つまりは空気を読むということです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ